LINEのお友達登録で乳がん最新情報を配信中! 登録

【乳がんの術後】ブラジャーの選び方 術式・ライフスタイル別

乳がん情報サイトBC&Meでは、乳がんと診断されてから、治療、そしてその後の日常生活までをサポートする情報を発信しています。

乳がんの切除手術後、悩むのはブラジャーの選び方です。

私の術式にはどんなブラジャーを用意すればいいの?ずっと同じブラジャーでよいのかしら?

乳がんの切除手術では大きく分けて全摘温存があり、温存は切除の箇所などにより残ったお胸の形は様々です。

また乳房を全摘した後に再建をされる方も増えてきました。

治療が落ち着いた後には、スポーツやダンスなどでアクティブに過ごしたい方もいらっしゃるでしょう。

このように術式やシーン・ライフスタイルが異なれば、ブラジャーの選び方のポイントも違ってきます。

このページでは、シーン別に乳がん用のブラジャーの選び方をご紹介します。気持ちと身体にぴったりくるブラジャーを選んで乳がんライフを心地よく過ごしましょう。

Contents

​シーン別・用意すべき乳がん用下着

心と身体に合った下着をみつけましょう

乳房切除手術は大きくわけて、「温存手術」「全摘手術」の2種類があります。また全摘手術後に乳房や乳頭の再建手術をされる方もいらっしゃいます。それぞれのシーン別に用意したい下着についてご紹介します。

入院中~手術直後

入院中はドレーンがつながっていたり、傷を医師に見せたりするので、前開きの下着を用意するよう病院から指示がでます。

乳がん術後専用の下着には、術後の胸を保護するための様々な機能がついています。授乳用やスポーツ用の下着を使う方もいらっしゃいますが、生地の硬さや締め付けがきになったり、傷口にワイヤーが当たることもありますので、乳がん専用の下着を選んだ方が安心です。

ドレーンとは、体内から血液や体液などを排出するための管のことです。乳がんの術後しばらくはドレーンが挿入されたままの場合があります。

ホスピタブルライト
おすすめの前開きブラジャー ホスピタブルライト

温存手術

温存手術の場合、切除しても形が大きく変わらない場合は、術後の傷跡が落ち着けば、通常の下着を付けられるようになります。

温存の乳房の残り方によっては、通常の下着をつけても、部分的にうまくフィットしない場合があります。その場合はパッドを使ってフィットさせる方法もあります。自分の乳房の形に合わせてパッドがオーダーできるショップもあります。

全摘手術

全摘の場合、乳頭、乳輪、を含めすべて切除するので、乳房のふくらみが無くなります。もともとの乳房にボリュームがある場合、片方の乳房が無くなることで左右差が生じ、それが原因で体のバランスが崩れ、歩きにくくなったり、肩こりが起きたりします。重さを補うパッドやパッドを入れるポケットがついた専用の下着が販売されています。

パッドだとどうしても動いてしまうのが気になる、という場合は人工乳房という選択肢もあります。自分の胸にピッタリくるものをオーダーすることができるので、身体に密着し違和感なく下着をつけられます。

乳がんの治療後に、スポーツやダンスで身体をよく動かす方、洋服を着た時のバストラインをきれいに整えたい方にも人工乳房はお薦めです。

再建手術

手術後すぐは、腫れや痛みがあり、再建した乳房が安定しません。ワイヤーが入っていないソフトにホールドするブラジャーが便利です。

また乳頭を再建した場合は、下着でこすれると痛みを感じます。トップとの間にコットンなどをいれてこすれるのを防ぐ、またはトップに余裕がある下着を選びましょう。

乳房パッドを工夫する

乳房パッドは市販のものもありますが、身の周りのものを工夫して使うこともできます。

身の回りにあるものを使ってみよう
  • ストッキングを丸めたものをつめる。
  • 凍らせていない保冷剤をつめる。やわらかさが丁度いい。
  • 布や編み物で手作りも

手編みの乳房パッドをつくりませんか?​

magic ring
色とりどり 手編みのパッド

コットンの糸で手編みした乳房パッドを広める活動をしている「magic ring」さんをご紹介します。病院、患者会、セミナー等で活動を行うほか、編み方を伝えるニットカフェを主催されたりしています。

​乳がん用のブラジャーは普通のブラジャーとどこが違うの?

乳がん術後用下着は専用のものを選びましょう

乳がん術後に市販の普通の下着を使うこともできますが、手術直後はちょっとした刺激でも不快に感じてしまうことが多くあります。また術後の傷口が落ち着くまでに時間がかかる方もいらっしゃいます。結局、途中で乳がん専用下着に買い替えたという方も多いようです。​

専用下着なら、素材はもちろん、脇回りや縫い目にも乳がん手術用に配慮されているので安心して着用できます。

また手術が終わっても、通院の時などお胸を見せる機会が度々あります。その時は、やはり前開きのブラジャーが便利です。

術式に関係なく、術後すぐから長く使えるおすすめの乳がん用ブラジャーはホスピタブルライトです。

ホスピタブルライトは縫い目のないシームレスなので、縫い目がごろついて術後の敏感な肌を刺激するようなこともありません。また脇が広くあいたデザインなので、生地が傷跡にあたりにくくなっています。

身体を締め付けない優しい着心地なので、入院中や通院時だけでなく、リラックスタイムにもおすすめです。

機能充実 ホスピタブルライト

ホスピタブルライトは乳がん治療に必要なものが揃うBC Storeでご購入いただけます。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる